ひログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第48回群馬県手をつなぐ育成会大会

<<   作成日時 : 2012/08/18 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 2 / コメント 0

今日(18日)、群馬県内の知的障害者や父母ならびに関係者、県民が集い、地域で安心して生活ができるように努力することを誓う「第48回群馬県手をつなぐ育成会大会」が桐生市民文化会館で開かれた。

今年の大会も「手をつなぐ母の歌」のコーラスにより始まった。昨年は、ほぼ満席の参加者席に、今年度は空席が目立った。
画像(クリックで拡大)
主催者の桐生市手をつなぐ育成会長の挨拶以下、知事(副知事代読)、桐生市長、県議会議長、県教育長(代読)、衆参国会議員(三宅、上野、山本の3氏)、桐生市議会議長の祝辞があり、大会決議を採択した。

大会決議は、毎年、同じような内容のものを決議しているが、決議後がどのように取り扱われているのだろうか。今年も国会議員の人たちは、重く受け止めるという趣旨のことを言ってはいたのだが・・・。

続いて、障がい者本人の会(つるの会)の要望、次期開催地太田市の育成会会長のあいさつで閉じられた。

休憩をはさんで、障害者和太鼓の会「どんどんクラブ」が、和太鼓演奏で「さんぽ」、「嵐」、「虹を歩こう」の3曲を楽しんで演奏した。このクラブの会員は、障害者の協調性や集中力を養いながら、余暇活動をしており、幼時から大人まで総勢200名を超えるという。
画像
次は、鳴子を持って元気な踊り(シャケサンバ、勇気100%)を見せてくれたのが、「スポーツクラブくれよん」。会員数約40名で、スポーツを通じて障害者と交流して仲間づくりをしているとのこと。
画像
午後のアトラクションは、桐生市で特別支援学級の在校生や卒業生が結成した劇団「ブーメラン」によるミュージカル「人間になりたかった猫2012」。桐生を中心に活動しているとのことだが、チームワーク良く懸命に演じる姿は、多くの人に感動を与えたに違いない。http://homepage3.nifty.com/susu/boomerang/
画像
画像
残念なことは、障害者が様々にひたむきに懸命に生きる姿をみる絶好の機会にあって、政治家を始め来賓の人たちがすべからく早く退席してしまい、現状を知って帰ろうとしないことである。

これで障害者の政策が実感・実行できるとは思えない。1人でも参加者の一員として現状を知ってから帰って欲しいものだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
第48回群馬県手をつなぐ育成会大会 ひログ/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/03 23:13
プラダ メンズ
第48回群馬県手をつなぐ育成会大会 ひログ/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/09 17:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第48回群馬県手をつなぐ育成会大会 ひログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる