急げ、空き家対策!&引きこもり、高齢運転事故

新時代「令和」があっという間に1ッカ月過ぎた。新時代になっても人口減少は続いている。総務省住宅・土地統計調査によると、2018年10月1日現在で全国も、群馬県も過去最多となったことが発表された。

全国の住宅総数は6242万戸、空き家は846万戸で13.6%、群馬県では総数94万8200戸、空き家15万7千戸で16.6%となっている。この空き家問題は、人口減少とともに加速する深刻な課題だ。

空き家には賃貸や売却手続き中の物件や別荘などが対象になっているので、別荘が多い山梨県や長野県などの空き家率が高くなっている。一方で賃貸物件が431万戸でバブル期に建築された物件が空き家になっていると思われる。

空き家は、スポンジ化する景観、治安の悪化に結び付く。それでも管理が行われていればまだしも、取り壊しが行われなければ防災上も危険が放置されることになる。

空き家が増加したのは、長引く不況で経済のすそ野が広い住宅産業に向けた政策的てこ入れ策としての新築住宅ローン減税などの影響が大きい。

その結果、バブル経済と相まって、都市を取り巻くように近郊に持ち家や賃貸住宅が建築されてきた。こうした物件に居住していた人たちが高齢化と核家族とともに物件が中古化し、やがて空き家化してきている。

2015年には自治体が治安や防災上から空き家を強制撤去することができるように空き家対策特別法が施行された。が、倒壊の恐れがある物件に限定される代執行のために根本的解決策にはなっていない。

人口減少と高齢化は、一人暮らし世帯を増やしている。しかし、一人暮らしであれば利便性が良い場所で暮らしたくなるのは常。住宅新築は最近、業者が小規模平屋建て住宅の売り出しが目立つようになってきた。

我が家周辺でも、空き家が目立つようになり、長期間放置されている空き家もある。一人暮らしに加え、高齢二人暮らしも増えている。コミュニティが急速に壊れ、共助も危機的状況が見えている。

住み替えができる経済力があれば、小規模平屋に住むことが可能だが、一般的には、高齢化すればするほど経済力はなくなる。かといって、所有する中古住宅では売却するにしてもなかなか買い手が見つからない。

高齢化は進み、生活コストが多人数家族に比べ割高になる。高齢一人暮らしが増え続くが、当然、高齢化すればするほどに行動範囲も狭くなる。

また、前橋市では、市営住宅の空き室が増えている。見込み賃貸収入が減少する一方で老朽化したり、高階層への移動手段確保など、維持管理費が増高する。市営住宅の必要性を含め、空き部屋活用策も緊急課題だ。

空き家活用策の一つとして空き家改修で地域の支え合いの場づくりなどを強化したいが高齢者の経済力では難しい。こうしたところに行政の支援策があっても良いのだが・・・。中古物件の流通活性化対策も必要だ。

また近年は、市街地に高層マンションが増える一方で、空き家マンションも増えている。空き家が増えた区分所有のマンションんは、老朽化したときに修繕費や改修費の調達が難しく、空き家廃墟が増えることで解体需要も増えることになる。

空き家にしないために、乏しい経済力に健康不安が加わり、交通などの利便性が乏しい住宅に住み続けることを覚悟することも大変だが、やむを得ないのだろうか。

人口減少でも規制緩和で、人・モノ・カネ・情報の東京一極集中は続く。地方では人が減り、認知症高齢者は増える。空き家が増え続く。せめて、自動運転の小型電気自動車など、移動や買い物に不便にらないような対策が欲しいものだ。

時代が新しくなった。人口減対策に本腰を入れないと空き家対策にもならない。格差対策にもならない。日常の暮らしに安心があっての明日だが、個人の努力では解決できない複雑な不安と悩みが尽きない毎日だ。

追記
ここ数日、マスコミやSNSに川崎市のスクールバス待機児童等殺傷事件から引きこもりが取り上げられている。加えて、元農水事務次官が自ら長男を包丁で殺傷した事件があった。川崎の犯人は引きこもり傾向だったと言われ、農水事務次官の長男も引きこもりで家庭内暴力があったことが報じられている。
引きこもりは、全国で推定110万人を超え、40~65歳までの中高年が61万人超と報じられている。引きこもりにも様々な原因や要因がある。だから一概に引きこもる人が、あってはならない事故や事件を起こしているとは言い切ることはできないし、引きこもりから仕事や活動を通じ、社会の中で活躍している人もたくさんいる。
心の内にある模様も精神も各人各様。人間は何をするかわからない不安定な存在であり、生きる中では浮き沈みが必ずある。人間一人ひとりの複雑な心中を察することは至難だが、可能な限り、人が壊れ、社会が壊れている原因や要因を分析・対策し、安全・安心できる社会を再構築しなければならない。
人は、運命や宿命の中で、生きること、生ききることが目標なのだから。

池袋、大阪、福岡と高齢運転者による予測できない自動車大事故が連続して発生している。全てアクセルとブレーキの踏み間違いではないかと報じられている。アクセルとブレーキの踏み間違い事故は年間4千件を超える。車は運転次第で凶器に変わる。交通不便地に住んでいると、移動にはどうしても自動車が頼りだ。年齢とともに運転感覚が変わることに注意し、安全運転に徹したいものだ。そしてメーカーは、小型自動運転自動車の開発を急いでほしい。

今日のおまけは、咲き始めたシャラ(夏椿)と黄色いバラ。自然の変わらない姿にホッとする。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック