ひログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 農家戸別所得補償・強い農業

<<   作成日時 : 2010/08/04 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

民主党の目玉政策の一つ 「農家戸別所得補償」は、2010年度からコメを対象に先行導入されているが、11年度から畑作と漁業にも拡大するとのこと。

10年度は、10アール当たり1万5千円の固定額を全戸一律に支給。そのうえで、減反への参加を条件に販売価格が生産費を下回った場合に赤字(変動)分を戸別に所得補償する。

11年度から適用される畑作は、大豆、麦、ジャガイモ、てん菜、菜種、ソバの6品目。品目ごとに定める固定額を全国一律で支給するとのこと。

しかし、民主党マニフェストに掲げた1兆円規模の予算による本格実施には、財源難で畜産・酪農などへの適用が見送られそうである。

2009年産米は在庫増で農家販売価格がジリ安が続いている。10年産米から戸別所得補償制度が適用になるが、米価のジリ安が続くと制度に補てんする財源も多額になる。

いまの戸別所得補償は、農林水産業の一時的経営の安全網は広がるが、課題の産業としての農業を安心して継続できるか、どう成長させるかの視点がないため、貸した農地を返してもらい、片手間で耕作を再開する事例があるという。

農業の最大使命は、安全・安心な食糧を国民に安定的に供給すること。

戸別所得補償を兼業農家も専業農家も画一的に考えているのでは、やる気農家の農業への意欲が薄らぐし、大規模農家は育たない。自給率も向上しない。

国民の食糧を安定的に供給するために農業を強い産業にすることなくして国家の安全がないことを肝に銘じ、農業を強い産業に成長させる施策を講じなければならない。

農家戸別所得補償は、農業を強くするチャンスである。グローバル経済の中で内外価格差を埋めた農産物価格で消費者に提供できれば、農業は成長産業になれる

農業は、農家減少、高齢化、耕作放棄など、課題ばかりが取り上げられるが、現場では農業に夢を持っている人がいる。毎日の食を生み出す農業への関心も増えている。

農業が一層注目される産業になることは間違いない。消費者視点で考えれば農業ビジネスのチャンスはたくさんある。

追記
1、高齢者の所在不明が全国各地から続々アナウンスされている。海外でも長寿大国日本の高齢者がまともに管理されていないことの指摘や人口統計が疑われているとのこと。信頼されていた行政の不始末はいつまで続くのだろうか。行政の責任は大きい。無縁社会が一層進展していることを実感するが、社会の崩壊は容認できない。社会の危機を共有し、信頼ある社会を築かなければならない。
群馬県でも100歳以上の高齢者は、昨年9月1日現在で県内664人。生存確認の方法は確立されていないようだ。
2、今日(4日)の参院予算委員会で、子宮頸がんワクチン公費助成の議論があった。保険適用の道を開けるなど、人のいのちを守る政策は、政治家として最優先で実施して欲しいものである。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
役立つブログまとめ(ブログ意見集): 戸別所得補償制度 by Good↑or Bad↓
「の戸別所得補償制度」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。 ...続きを見る
役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿...
2010/09/14 07:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農家戸別所得補償・強い農業 ひログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる